『カーマヒーリングサロン』 女性専用 性感マッサージ 名古屋 2015年11月 PAGE TOP ▲

『カーマヒーリングサロン』 女性専用 性感マッサージ 名古屋

気さくで爽やかなイケメンセラピスト(当社比)が貴女を異次元の癒やし&快感の世界へとお導きいたします。初回90分8000円~。東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)、全国出張応相談。当日のご依頼も大歓迎です。

夏の終わりに(5)

都会の喧騒をバックミラーに残して、3人を乗せた車は海を目指す。

やがて視界はひらけ、晴れ渡る空の底には田畑が広がっていた。

単調な景色の中を貫く一本道を、ゆらゆらと漂うように進みながら、色んな話をした。

彼女は頭を僕の肩にもたせかけ、腕にしがみつくようにして二人は寄り添っていた。

眩暈がしそうなくらい甘い香りが鼻をくすぐり、腕を介して彼女のぬくもりが伝わってくる。

ずっとこのままで居たかった。でも、時を待たずして終わりはもうすぐ訪れる。

そんな切なさが肺に充満し、押し出されるように細い吐息が漏れていた。

お互いの心が通じ合うなら、言葉はさして必要ではない。

心地よい沈黙の中、僕たちは無言の会話を楽しんでいた。

(※下のテーマ曲をBGMにして、続きを読んでいただけると嬉しいです。)


半島の南端にさしかかり、目の前に広大な太平洋が姿をあらわした。

澄みわたる青空とコバルトブルー色の海面との境い目から広がるさざなみが、太陽の光を反射して銀色に輝いている。

「わあー 海だー 今年はじめてのうみー」

目を輝かせて喜ぶ彼女の横顔を見ながら、やっぱり海に来て良かったなと思った。

左手に海を眺めながら、海岸沿いをゆったりと流す。

生温かい潮風がウィンドウから入り込み、優しく僕達を包み込んだ。


人影まばらな海水浴場に車を停め、彼女と二人で渚をゆっくり歩いた。

遠くから静かに押し寄せる潮騒が、身体の芯まで響かせる。

砂に足を取られそうになってよろける彼女の手をそっと握った。

波打ち際を歩いていると、ふいに大きな波が砂浜を駆け上がってきた。

足が濡れないように必死で逃げて、二人は他愛もなく大笑いした。

金色に輝く太陽の下で、全ての瞬間がキラキラと輝いていた。



車に戻り、海の近くのホテルを目指す。

「はやく・・・したい・・・」

太ももをそわそわさせて、彼女はそう言った。

ドライブという長い前戯を経て、身体は極限までお互いを欲していた。


海辺のホテルにチェックインするなりすぐに服を脱ぎ捨て、シャワーも浴びずに二人は肌を重ね合わせた。

もうすぐお別れしなければいけないから、せめて記憶に刻みこむように、丹念に愛撫し、強く抱きしめた。

「嫌じゃ・・・なかった?」

彼氏がトイレに行った隙に、彼女は僕の目を覗き込みながら唐突に聞いてきた。

とろんとしたまぶたの奥の瞳は、溢れはしないが涙を貯え光り輝いている。

そのとき僕は彼女の何かを理解できたような気がして、なぜか胸の奥が締め付けられる思いがした。

「とんでもない、すごく楽しかったよ」「マリちゃんこそ、嫌じゃなかった?」

僕の目を見つめ、微笑みながら首を大きく横に振る。

そんな彼女が急に愛おしくなって、ずっと強く抱きしめていた。



空港へ向かう車内で、名残惜しみながら二人は寄り添っていた。

3日間の物語の終わりを告げるかのように、セントレア空港が遠くに姿を現す。

「また会いたい」

彼女が小さな声で呟いた。

「うん、きっとまた会おうね」

別れの間際で、そんな不確定な未来の言葉はあまりにも無力だった。

車は空港に滑り込み、停車する場所を探すがなかなか見つからない。

チェックインの時間が迫るなか適当な場所に車を停め、お別れの挨拶も程々に、バタバタしながら二人はターミナルビルへと走っていった。

飛行機に間に合うことを祈りながら、小さくなっていく二人の背中を見送った。




夏の終わりに、僕達は小さな恋をした。

例えそれが擬似的なものであったとしても、あの瞬間僕は彼女に恋をしていたし、きっと彼女も恋をしてくれていたと思う。

期間の長短はそれほど重要ではない。この世界に永遠というものは存在しないのだから。

最後に、あの夜耳元で囁いてくれた言葉に返事をしたい。

僕も「しあわせ」だった、と。




エンディング曲 真夏の果実 (作詞:桑田佳祐)


涙があふれる 悲しい季節は
誰かに抱かれた夢を見る

泣きたい気持ちは言葉に出来ない
今夜も冷たい雨が降る

こらえきれなくて ため息ばかり
今もこの胸に 夏はめぐる

四六時中も好きと言って
夢の中へ連れて行って
忘れられない Heart & Soul
声にならない
砂に書いた名前消して
波はどこへ帰るのか
通り過ぎ行く Love & Roll
愛をそのままに...



CAST

主演 マリ(仮名)
    カーマ鈴木

助演 彼氏

原作・制作・監督 カーマ鈴木

(完)

注: あくまで疑似恋愛であり、それを小説風に書くということを全て含めて”プレイの一環”です。




[ 2015/11/10 18:58 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)

夏の終わりに(4)

やさしい余韻に包まれながら目を覚ました。

枕元のスマホを見ると、一通のメールが届いている。

昨夜はありがとうございました。

彼女は今日もしたくて楽しみにしてます。
完全に落ちそうで目が星になってます。
昨夜は途中から欲しくて、でも挿入はしないのかと我慢の限界だったそうです。
おねだりするメスになったのは初めてのようです。

今夜、明日もよろしくお願いします。

今日は時間あるので、腰が抜ける位いかせて下さい


どうやら昨日の出来事は夢や幻では無かったようだ・・・

ベッドで天井を見上げながら、昨晩をぼんやりと振り返って二人の不思議な関係について考えていた。

それぞれが何を望んでいるのか、本当のところはまだ僕にはわからない。

いずれにせよ、乗りかかった船である。この際だから最後まで楽しんでみようと思った。



昼の用事を終えて、ホテルの前で二人と落ち合った。

ショートパンツにノースリーブという開放的な服装。

背が高いうえに厚底の靴を履いているので、遠目からもかなり目立っていた。

彼氏とキャピキャピと戯れるその姿は、まさに一羽の小鳥のように、街の景色から際立っている。

昨夜の熱い抱擁を思い出すのか、伏し目がちな彼女の頬は、心なしか紅く染まっているような気がした。

この後、3人は居酒屋で軽く食事をして、ラブホテルへと移動した。

ソファーに腰掛けるなり、ふたりは吸い寄せられるようにお互いを抱き寄せた。

ギュッと強く抱きしめて、昨夜のぬくもりを確かめ合う。

うつむきがちな顔を覗きこみ、そっと口唇を重ねた。

その夜は、大きなベッドの上で汗だくになるまで、激しく濃厚なセックスをした。

「しあわせ」

繋がりながら、そう耳元で彼女は囁いていた・・・


実はこのお話し、彼女達との交流はのべ三日間にわたる。

行為が終わったあと、彼氏から新たな提案があった。

翌日の昼に飛行機で地元へ帰る予定らしく、その前に朝からもう一度、彼女を楽しませてあげて欲しいとのこと。

彼女もそれを強く望んでいるようだ。

丁度その日は朝から動けたので、僕は快諾した。

疲れていないと言えば嘘になる、でも今はまだ、お別れをするには早過ぎる気がしたのだ。

心の距離が近づくにつれて、別れもだんだん近づいていく。

「おやすみなさい」

二人をホテルまで送り届け、名残惜しみながらも帰路についた。

翌朝

彼女達のもとへ向かう車の中で、僕は考え事をしていた。

どうすればより彼女を楽しませ、充実したひと夏の思い出をつくれるだろうか?

- 普通の恋愛をほとんど経験していない -

そんな彼女は、若い男性とのセックスよりもむしろ、ありふれた青春の1ページ的な体験を欲求している気がした。


(そうだ、海へ行こう・・・)

澄み渡る青空を見上げながら、ふとそう思いついた。

知多半島を下に縦断して海沿いをドライブし、適当なホテルを見つけて最後のセックスをして空港へ送り届けよう。

車で二人を拾い、つい今しがた考えたプランを提案する。

彼女は首を大きく縦に振って、嬉しそうに僕の提案に賛成してくれた。

助手席に彼女を、後部座席に彼氏を乗せ、海を目指して車を発進させた。(夏の終わりに(5)へつづく・・・)




[ 2015/11/10 18:22 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)
Q&A
このページでは、問い合わせメールなどでよく聞かれる疑問について簡単にお答えしていきます。


Q:”カーマ”とは、ホームセンターの事ですか?

A:カーマヒーリングサロンの”カーマ(kama)”とは古代インドの性典カーマ・スートラから拝借しました。古代インド語で”愛”を意味します。


Q:既婚者ですか?タバコ吸いますか?

A:未婚です。タバコは吸いません、お酒は好きです。


Q:カーマさんはどんな容姿ですか?

A:これまでに三代目JsoulBrothersの山下健二郎、窪塚洋介、菅田将暉、ユチョン(元東方神起)、反町隆史、ロンブー淳、大杉漣、鹿島アントラーズの柴崎岳、水嶋ヒロ、森山未來、これらの有名人に似ていると言われたことがあります。あくまでお客様から言われただけであって、保証は一切できかねます・・・。


Q:日記に出てくるカーマワールドとは何ですか?

A:カーマワールドとは、自分のサービスを通してお客様をお導きする、究極の癒やし&快感の世界のことです。
できるかぎり心を開いて、快感に集中していただくことによって体験いただくことができます。


Q:ご利用になられる方の年齢層は?

A:18歳から60代まで幅広くご利用いただいております。


Q:アロマオイルマッサージは何分ぐらいするんですか?

A:基本90分のサービスのうち20~30分で腰、背中、足、手のマッサージを一通り行います。
もっとじっくりマッサージしてほしかったり、逆に不要な場合はお申し付けくださいませ。


Q:アレルギー体質で肌が綺麗じゃないんですが大丈夫ですか?

A:もちろん気にしません。マッサージでマカデミアナッツオイルを使用しますので、ナッツアレルギーの方は教えて下さい。


Q:下の毛が濃いんですが、大丈夫ですか?

A:もちろん大丈夫です。ですが、脱毛や剃毛したほうが感度が増すことも事実ですのでオススメしています。


Q:平日昼間でもお願いできますか?

A:大歓迎です。本業ですので、24時間対応可能です。


Q:当日の依頼は可能ですか?

A:他に予約がなければ可能ですし、他に予定があっても時間があればなるべくご依頼を受けております。ご利用の条件など目を通してからご納得の上でご連絡頂ければと思います。


Q:盗撮とかされるのが心配です。大丈夫なんですか?

A:盗撮の趣味は無いのでご安心ください。心配でしたらホテルにチェックインする前にカバンの中身チェックをしていただくことも可能です。


Q:”大人のおもちゃ”とかは使いますか?

A:手技、舌技のみで快感にお導きすることをモットーとしておりますので、基本的には使いません。


Q:予定の変更やキャンセルは出来ますか?

A:もちろんできます。予定の変更はなるべく早くご連絡ください。尚、当日のキャンセルは5000円(すっぽかしなど悪質な場合は15000円)請求させていただく場合があります。


お問い合わせフォーム