『カーマヒーリングサロン』 女性専用 性感マッサージ 名古屋 2015年07月 PAGE TOP ▲

『カーマヒーリングサロン』 女性専用 性感マッサージ 名古屋

気さくで爽やかなセラピストが貴女を異次元の癒やし&快感の世界へとお導きいたします。初回90分8000円~。東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)、全国出張応相談。当日のご依頼も大歓迎です。

初イキ!(後編)

ここから先は、もう後戻りできません。
僕の導くまま、欲望のおもむくままに、快感の渦に巻き込まれていきます。

お次は?そう、レインボークンニですね!

「きゃっ、恥ずかしいぃ~」

脚を大きく広げ、大陰唇からお尻の穴まで全体的にくまなく舐め回していきます。

恥ずかしさと気持ち良さ、愛液と唾液を自慢の柔らかい舌でぐちゃぐちゃにかき混ぜます。

「うぅぅぅん・・、きも・・きもちぃぃ~!!」

理性はとうに吹き飛び、快楽の谷間に沈み込むように陰部以外の感覚は薄れていきます。

女性器全体から、徐々に快感の中枢に、舌先の焦点を絞っていきます。
もちろんそれはクリトリスです。

両手の親指でしっかりと皮を剥き、すでにプックリと膨れ上がり紅潮したクリトリスを撫でていきます。

「ひゃぁあああぁぁぁぁぁ!」

最初は風が丘の上を通り過ぎるように、触れるか触れないかの際どいタッチで舐め上げます。

強さやスピードを微調整しながら、彼女が最も気持ちいいと感じる舐め方を探っていきます。

「チロチロチロチロ」

「ピチャピチャピチャピチャ」

一定のリズムで、ゆっくりと”快感のダム”を満たしていきます。

快感を必死に受け止めるために、腹筋や下半身にググッと力が入り、やがて弛緩します。
さらにクリトリスへの愛撫を続けていくと、漏れだす声が徐々に大きくなり、緊張と弛緩の間隔もせばまってきました。
ダムの水位が上がっていくのがハッキリとわかります。

あともうひと押しでイケるか?と思っていましたが、そう簡単に初オーガズムは訪れません。

舌でクリを刺激しながら、そっと右手中指を膣へ挿入していきます。
根本まで指を挿し入れてから直角に曲げ、恥骨の内側にあるGスポットと呼ばれる超絶性感帯を刺激します。

「あっ、ダメッ、ダメェェ!!」

実はほとんどの男性は、Gスポットの正確な位置や正しい刺激方法を知りません。
ですので、僕の手マンを体験したほとんどの女性は、その快感の深さに驚愕します。

「なっ、なにこれっ・・・すごぃぃぃいい~」

僕はAV男優のような、暴力的な手の動かし方はしません。
絶妙の力加減と一定のリズムで坦々と刺激していきます。
すると、膣周辺の筋肉がリズミカルに緊張と弛緩を繰り返し、だんだんと強さを増しながら僕の指を締め付けてきした。

「あぁ~~、もうダメっ!おかしくなっちゃう~~~!!」

背中を丸めてありったけの力で快感を受け止めます。
どこにそんな力が宿っているのか、指がへし折れそうです・・

「きゃああぁあぁぁぁ~~」

突然カクッと力が抜け、下半身はピクピクと小刻みに震えます。

快感に果てた彼女の身体は、まるで音叉を鳴らしたように、長くつづく余韻に浸っていました。


☆感想文☆

先日は、お付き合いいただきありがとうございました。

色々あり自分に自信が持てなくなり、新しい扉を開きたくて依頼をしました。

お会いしてセラピーが始まるまでドキドキでしたが、優しくお話を聞いてくださり容姿もお世辞でも褒めていただけて嬉しかったです。

セラピーもアロママッサージは本当に癒されましたし、イキたいという要望にも笑わず受け止めてくださり、まずは気持ちよくなろう、と言われて肩の荷が下りたような気持ちでした。

あんなに丁寧に優しくしてもらったのは初めてでしたし、気づいたら自然と初イキを体験できて感動しました。

今度は私から彼氏をお誘いしてみようと思います。ありがとうございました!


以前の日記(101回目のオーガズム)でも書いたように、オーガズムとは脳内現象の一つですから、経験を重ねることによってイキやすくなっていくものだと思います。

一度オーガズムを経験した彼女は今後、彼氏とのセックスでもイケるようになるかもしれません。

ですが、オーガズムはセックスの一要素でしかありませんから、今後もそれを目的にする必要は無いと思います。

男性との共同作業である”性の遊戯”を楽しみ、没入することの延長線上に、それはひょっこり訪れるものだからです。

今回の施術によって、彼女が改めてセックスの楽しさを再発見できたとしたら、セックスセラピストとして、それ以上の喜びはありません。

今後の素晴らしいセックスライフを、陰ながら応援しております。

ありがとうございました。

前編中編後編

[ 2015/07/29 05:26 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)

初イキ!(中編)

彼氏とのセックスでイケないのに、先程会ったばかりの他人でイケるはずがありません。

僕はわりと慣れているので、あまり緊張はしませんが、初めて施術を受ける女性の多くは緊張でガチガチです。
そんなんでは性感もへったくれもありません。

ですので、まずはアロママッサージでカラダと心のコリを解きほぐしていきます。

お互いの距離を縮めるには、マッサージしながらの雑談とスキンシップは最適ですね。
間接照明のほの暗い部屋にアロマの甘美な香りとスローテンポなボサノヴァがゆったりと流れ、混ざり合い、やがて理性は霞んでいきました。

せっかく勇気をもってご依頼くださり、わずかな時間を共有するのですから、最高にリラックスして気持ち良い経験をしてもらいたい。そんな気持ちで日々施術に挑んでいます。

ベットに入ったら最後、あなたはもう”カーマワールド”へと足を踏み入れています。
カーマワールドとはなにか?それは、究極のおもてなしです。
女性が女性であることの喜びを最大限に感じていただける、そんな時間を勝手にプロデュースしています。

たっぷり時間があるので、オイルマッサージからカーマタッチ※、乳首舐めと、淡い快感から強い快感へと徐々にシフトアップしていくように、じっくりと施術していきます。

(※カーマタッチとはアダムタッチのカーマ鈴木バージョンです。まだまだ研鑽中ですし、アダム徳永氏のお墨付きをもらったわけではないので、今後はカーマタッチと表現していきます。)

指先は下半身にさしかかりました。

足の爪先から股間にかけて、神経や”気”を集めていくイメージで愛撫していくと、アソコを触ってもらえるという期待感はいやがうえにも高まります。
そんな期待感は感覚を変様させ、目を閉じて感じるのは、神経が鋭敏になり大きくなった陰部の感覚です。

指の先が陰唇に触れそうになると、下半身がピクピクと震えて反応します。
頬はすでに紅潮していました。

仰向けにした際に気づきましたが、実は彼女のアソコはツルッツルの無毛状態、いわゆる”ハイジニーナ”です。
パイパンのアソコはじっくり丁寧に愛撫しやすいですね。
そんなツルツルな陰部を、カーマタッチでくすぐるように愛撫していきます。

ゆっくりと左右のヒダをめくると、ぱっくりと開いた小陰唇のあいだは愛液で満たされており、そこから淫靡な香りをかすかに漂わせています。
右手中指をそっと忍び込ませて、ゆらゆらと上下に動かします。
クリトリスの周辺を円を描くようになぞりながら焦らし、親指で皮を剥いてクリトリスを優しく愛撫していきます。

「ああぁ・・あん・・・」

クリトリスを撫で撫でしながら、口に乳首をふくみ舌先で同時に刺激していくと、ダブルの快感が脳内で激しくぶつかり合い、電流が流れるような快感がカラダを貫いていきます。(後編につづく・・・)

前編中編後編


[ 2015/07/26 07:39 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)

初イキ!(前編)

前回の日記の反響でしょうか、オーガズムを経験してみたい、という女性からの依頼が続いております。

イッたことがない女性がこんなにいるのか!と改めて日本の性後進国ぶりにもどかしさを感じてしまいます。

いっぽう性先進国であるインド北部の地域では”タントラ教”なるものが存在し、教義の中でオーガズムが重要な位置を占め、ものごころ付いた頃から男性は女性をオーガズムに導くためのテクニックを身につけ、女性はオーガズムを得る訓練をしているそうです。
国中いたるところにカーマ鈴木が居るようなものです。

ともかく、今日はそんな性後進国の”悩める乙女”との施術を記録していきたいと思います。
サイトを拝見しました。
イク体験をしてみたいです。
よろしくお願いします。


【 年齢 】:26~29歳
【 スタイル 】:ふつう



市内のターミナル駅で待ち合わせをします。
淡々としたメールでのやりとりでは想像もつかない、お人形さんのような小柄で可愛いらしい女性が目の前に現れました。
きゃりーぱみゅぱみゅと小倉優子を足して割ったような、ふわふわほのぼのとした印象です。

個人的な統計では、こういう女性はイキやすいと思うんですが・・・
とりあえずホテルまでの車内で色々と事情を聞いていきます。

「今彼氏とかいるんですか?」

「はい」

「そうですよね、こんなに可愛いですもんね!」
「彼とのセックスに不満があるとかそんな感じですか?」

「不満というか・・・最近わけあってかなりご無沙汰なんです」

「ほう・・わけですか・・・」

「少し前に彼とのセックスのとき、一度イッた演技をしてしまったんです」
「それ以来、彼とのセックスが苦痛で・・」

「あちゃー、それは面倒なことになっちゃいましたね・・」
「どんな感じで演技しちゃったんですか?」

「ネットで調べて、股間をビクビクってして・・」

思わず笑ってしまいました。
まさに男女の感情の機微ですね。
彼女をイカせて満足感に浸りたい男性の気持ち、それを満たしてあげたい彼女さんの気持ちも分かります。
そして一度演技をしてしまった以上、演技でしたなんて言おうものなら男のプライドはズタボロになってしまいます。

これは責任重大になってきました。
是非とも彼女に本当のオーガズムを経験いただいて、後の演技にリアリティを加えてあげなければいけません
いや違うか、◯彼氏とのセックスで本当にイケるように訓練しなけばいけません!

しかしながら、実はオーガズムにこだわっている時点で、すでにオーガズムから遠のいてしまいます。
オーガズムとは性的快感の蓄積の結果訪れる”現象”であって、どこかに実在する”モノ”ではないのです。
ですので、性的快感に集中できなければ、イケるはずもありません。

なにやら禅問答のようですが、これはひとつの真理です。

とくに年齢を重ねるごとに”頭でっかち”になってしまいますから、イキづらくなってしまうのです。

イッてみたいという女性に対して施術前に必ずお伝えしているのは、「イクことを頭で考えずに、淡い快感を楽しみましょう」ということです。
オーガーズムとはその結果でしかありません。女性のからだは、イカせようとしてイクような簡単な仕組みではないですから・・・
自分も淡い快感を蓄積していくことを意識して施術しております。

ホテルにチェックインし、早速施術を開始します。(中編につづく・・・)

前編中編後編

[ 2015/07/20 07:44 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)

はじめてのオーガズム(後編)

「ピチャピチャピチャピチャ」

「あ、はぁ~~ん♪」

どれくらいの時間、舐め続けていたでしょうか。
もはや時間の感覚はありません。

「トゥルン♪トゥルルン♪♪」

「うぐ、うぐぅぅぅ~」

たっぷりと唾液をたくわえた、温かくやわらかい舌がワレメにそって縦横無尽に駆け巡ります。

「ジュルッ、ジュルジュル、ジュルッ」

「あぅ、あぅ、ダメ!ダメ~~!!」

「ヒョロロロろろろ~」

上唇でクリトリスの皮を剥き、舌先で撫で上げます。

「そっ、それ凄い~~~!!」

股間を中心に力が入り、腰をクネクネ動かしながら押し寄せてくる快感を受け止めています。
それはあたかもダムを必死に堰き止めているようにも見えます。

イッたことが無い女性、快感を蓄積して開放する経験や技術を身についていない女性や
理性的で性感にあまり没入できない女性は、いくら長時間愛撫しても途中で頭が冷めてしまうことが多いです。
それではまるで水が砂漠を透過するように、快感がカラダを通りすぎてしまい、蓄えることができません。

しかし彼女からは、快感のプールが満たされていく手応えをたしかに感じました。

「シュボッ!シュボ!シュボボボボ~~」

上下の唇でクリトリスをやさしく包み込み、軽く吸い込みながら舌を絡めていきます。

「きゃ~~~~~~!!」

反応は確実に大きくなってきていますが、そう簡単にダムは決壊しないようです。

ときたま、ビクンッと身体をしならせますが、「イッちゃった?」と聞いても「たぶん、イッてない・・」と返って来ます。

「疲れてない?もう止めようか?」

「ちょっとつかれた、けど・・・もっとやってほしい・・」

時間はたっぷりあるので、少しの休憩をはさんでからまたクンニを再開します。
多様なバリエーションの中から彼女がもっとも感じる舐め方を探っていきます。


目を閉じて、舌先の強弱と彼女の反応に神経を集中させていると、だんだん空間の感覚も薄れていきます。

ここはどこなのか?わたしは誰で、どういう経緯でここに居るのか?
そんな意識すら、いまでは朧げになってきました。

彼女と僕の脳は、舌先とクリトリスを接点にして繋がり、快感を共有しているのです。

疲れていないと言えば、嘘になります。
でもそんな疲労感は、ときどき発せられる彼女の甘い声によって掻き消え、心地良いものへと変わっていきます。

思い返せば、長いクンニ修行でした。
ここ数年間、クンニを中心に生活が回っていたと言っても過言ではありません。

自宅でPCに向かっているときはもちろん、車の運転中ですら口に暇があれば舌をトレーニングしています。
それはもちろん、女性に気持ち良くなってもらう為に、そしてそれを通じて自分も一緒に気持ち良くなるためにです。

「ヤヴァイ、イキそうかも・・・」

下半身にグッと力が入り、股間が暴れます。
そこをしっかりと押さえてクリトリスを逃さないことがプロクンニストの腕の見せどころです。

「ひぃ~~~、ぎもぢぃ~~~ん!!!」

さらに舐め続けると、両足に力が入り、太ももで僕の頭をガシっと挟みます。
これこそまさに、オーガズムの絶頂、ダムが決壊する瞬間です。

「イグッ、イグッ、イグイグイグイグゥ~~~~~~!!!!」

最後に大きく身体をしならせ、「フワッ」と力が抜けます。
ついに性感のダムは満たされ、決壊してしまいました。

そこからは大量の水がとうとうと溢れだし、女性特有の長い余韻が訪れます。

「イッちゃったね・・・」

頭を撫で撫でしながら、性感の頂上に登りつめた彼女を讃えます。

「・・・うん・・・」まどろみの中、コクリと頷く彼女。

「イッたってハッキリわかった?」

「うん・・・全然ちがう」

「気持ちよかった?」

「すごかった・・・」

時計を確認すると、すでに5時間以上経っていました。

どうする?と聞くと
「もっとイキたい♪」だそうです。

自分の快感に正直で貪欲な彼女だからこそ、今日はイケたんだろうなあ、と思いながら、再度彼女の股間に頭を滑りこませます。

「ピチャピチャピチャピチャ」

エロティックな音や香りを辺りに漂わせながら
ふたりは時間を忘れて、快楽に遊んでいました。(完)

前編 | 後編


[ 2015/07/12 20:55 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)

はじめてのオーガズム(前編)

こんにちは、クンニ鈴木です。

今日は名古屋市内の大学に通う、21歳の女性への施術を日記に書いていきたいと思います。

今回の日記のテーマは、タイトル通り”初イキ”です。
「イッたことありますか?」という質問に「よくわかんないけど、アレがそうなのかな~?」
という答えが帰ってくることが多いですが、そういう場合イケてない可能性が高いです。

オーガズムの定義とは
「累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり・・(出典:Wikipedia)」だそうです。

”累積的な性的緊張”とはダムに水が貯まった状態であり、”突然の開放”とはダムが決壊する事だと考えると解りやすいかと思います。
男性と比べて女性の性感脳は巨大なダムのように大きいので、それを満たすのは大変です。

もちろん、個人差や経験を重ねることによって、わりと簡単にイケるようになるようですが、
なかなかオーガズムに達することが出来ない女性というのは、実はこの性感を満たすダムがとてつもなく大きいのではないかと思うのです。

ですので、イケないからといって悲観する事なく、「ダムが貯まるまで快感をいっぱい楽しめるんだ」という、オーガズムにあまりこだわらない姿勢がセックスをより楽しむ秘訣のような気がします。

今回の日記は、長時間におよぶ愛撫によって大きなダムが決壊し、初めてオーガズムに達することが出来たお話になります。

こんにちわ
気になってメールおくってみました
最近彼氏に自然消滅されそうでむしゃくしゃしてます(笑
今学生で男性経験少ないんですけど大丈夫ですか?
下触られて痛い思いしたことあって抵抗があります
ただ乳首攻められるのは好きだからいっぱいしてほしいとかの要望きいてもらえたりしますか?(笑
無料ってゆうのが怖くて踏み出せないでいます…




駅前の待ち合わせ場所に現れた彼女は、明るく染めた髪とスラリと伸びた足が印象的な今風な感じの女性でした。

車で最寄りのホテルにチェックインします。

二人ソファに腰掛けて、いろいろと話しをしようとしますが、緊張しているのか人見知りなのか
はたまた嫌われてしまったのか、あまり目も合してくれないし一向に会話が弾みません・・・

とりあえず今の彼氏とは数ヶ月会っておらず、連絡もほとんどしていない自然消滅状態であるとのことです。
「それもう破局してるじゃん!」と喉から出かかりましたが、そこをぐっと抑えてお話を聞いていました。

会話のネタは早々に尽きてしまい、シャワーを浴びてもらいさっそく施術を開始します。

まずはアロマオイルで全身をゆったりとマッサージ
つぎに、背中からアダムタッチを試してみます。
まだ若いのであまり効かないかな?と思っていましたが、これが意外に効果あって、身体がビクンビクンと反応してくれます。

カラダをひっくり返して耳や首筋などの愛撫から胸の愛撫に移り、問い合わせメールでも強くリクエストいただいた乳首攻めを行います。

乳房から乳首に向かって、螺旋を描くように愛撫していき、
先端に触れそうになったら寸止めし、もう一方の乳房にむかっておなじような焦らしを繰り返します。

触って欲しいのに触ってくれない、焦らせば焦らすほど先端の感度は上昇するのです。

「はやく触って!」

先ほどまでのツンツンした感じとは打って変わり
目をとろんとさせて、猫撫で声で懇願してきます。

「触って欲しいの~?もうちょっと我慢してね☆」

「やだ~、はやく触って!」

僕は、自らの性的な欲求を素直に表現してくれる女性が大好きです。
可愛くてたまらなくなるんですね。最初の”ツン”からのギャップに萌えて、もう頭クラクラです。
なので、すぐにでも乳首をイジってあげたくなるんですが、そこをグッとこらえて焦らしに徹します。

「フフフ、もうちょっと我慢だよ~♪」

長時間ひたすら女性を気持よくするだけで満足して帰るので、ひょっとしたらカーマ鈴木はドMなのかと勘違いされる方も多いですが、わたくしはドSですよ!自分みたいな人間のことを奉仕型Sと言うのだそうです。(他にはオレ様系S、奉仕型M、まぐろ系Mなどの分類があると思っています。)

とにかく自分はSなので、時々このような意地悪な顔を見せます。
触ってもらえる、と見せかけて触らない、究極の焦らしが性感開発のキモです。
しかし過ぎたるは及ばざるが如し、あまりの意地悪に冷めてしまう前に、期待感のピークを見計らって先端にタッチします。

「あんっ」

やっと触ってもらえた、と言う満足感が性感脳をぱっと花開かせます。

指先で先端を撫でたり摘んだり、弾いたりと、いろいろな快感をお楽しみいただいてから、ねっとりと唾液を絡ませた舌で乳首をとろけさせます。

「ああっ、きも・・ちぃ・・」

リクエスト通り、たっぷりと乳首舐めをしたので、自分の舌が少し痺れてきました。
止めようとすると「もっとして~」とおねだりしてきます。

自分の快感に貪欲ですね。こういうの、嫌いじゃないです!
余計なことを頭で考えずに、快感に集中できる事がオーガズムの秘訣であり、不可欠な要素です。
彼女なら、快感を貯めつづければイケるんじゃないか?という気がしてきました。

さらに乳首攻めをしてから、お次はいよいよアソコへの愛撫、そしてクンニリングスです。(後編につづく・・・)

前編 | 後編

[ 2015/07/07 22:59 ] セックスセラピスト日記 | TB(-) | CM(-)
Q&A
このページでは、問い合わせメールなどでよく聞かれる疑問について簡単にお答えしていきます。


Q:”カーマ”とは、ホームセンターの事ですか?

A:カーマヒーリングサロンの”カーマ(kama)”とは古代インドの性典カーマ・スートラから拝借しました。古代インド語で”愛”を意味します。


Q:既婚者ですか?タバコ吸いますか?

A:未婚です。タバコは吸いません、お酒は好きです。


Q:カーマさんはどんな容姿ですか?

A:これまでに三代目JsoulBrothersの山下健二郎、窪塚洋介、菅田将暉、ユチョン(元東方神起)、反町隆史、ロンブー淳、大杉漣、鹿島アントラーズの柴崎岳、水嶋ヒロ、森山未來、これらの有名人に似ていると言われたことがあります。あくまでお客様から言われただけであって、保証は一切できかねます・・・。


Q:日記に出てくるカーマワールドとは何ですか?

A:カーマワールドとは、自分のサービスを通してお客様をお導きする、究極の癒やし&快感の世界のことです。
できるかぎり心を開いて、快感に集中していただくことによって体験いただくことができます。


Q:ご利用になられる方の年齢層は?

A:18歳から60代まで幅広くご利用いただいております。


Q:アロマオイルマッサージは何分ぐらいするんですか?

A:基本90分のサービスのうち20~30分で腰、背中、足、手のマッサージを一通り行います。
もっとじっくりマッサージしてほしかったり、逆に不要な場合はお申し付けくださいませ。


Q:アレルギー体質で肌が綺麗じゃないんですが大丈夫ですか?

A:もちろん気にしません。マッサージでマカデミアナッツオイルを使用しますので、ナッツアレルギーの方は教えて下さい。


Q:下の毛が濃いんですが、大丈夫ですか?

A:もちろん大丈夫です。ですが、脱毛や剃毛したほうが感度が増すことも事実ですのでオススメしています。


Q:平日昼間でもお願いできますか?

A:大歓迎です。本業ですので、24時間対応可能です。


Q:当日の依頼は可能ですか?

A:他に予約がなければ可能ですし、他に予定があっても時間があればなるべくご依頼を受けております。ご利用の条件など目を通してからご納得の上でご連絡頂ければと思います。


Q:盗撮とかされるのが心配です。大丈夫なんですか?

A:盗撮の趣味は無いのでご安心ください。心配でしたらホテルにチェックインする前にカバンの中身チェックをしていただくことも可能です。


Q:”大人のおもちゃ”とかは使いますか?

A:手技、舌技のみで快感にお導きすることをモットーとしておりますので、基本的には使いません。


Q:予定の変更やキャンセルは出来ますか?

A:もちろんできます。予定の変更はなるべく早くご連絡ください。尚、当日のキャンセルは5000円(すっぽかしなど悪質な場合は15000円)請求させていただく場合があります。


お問い合わせフォーム